AGA治療の効果が知りたい!ハゲは治るの?効果が出るまでの期間は?薬や副作用について。

公開日:  最終更新日:2016/11/07

AGA治療の効果が知りたい!ハゲは治るの?効果が出るまでの期間は?薬や副作用について。

AGA治療の効果について知りたい!

男性型脱毛症、要するに「ハゲ」ですね、この「ハゲ」は、現在では治療をすれば抜毛が減り、増毛の効果があると言われています。でも、実際にどれぐらいでaga治療の効果はわかるのか?実際に髪の毛が生えてくるのか? その効果について、もっと詳しく知りたいですね。

aga治療「効果が出るまでの期間」は

日本人男性、今では3人に1人は「aga」男性型脱毛症=はげ、になるそうです。「症状」つまり一種の病状である以上、適切な治療をすれば、はげは改善されます。

[結論]aga治療は「6ヶ月」がひとつの目安

aga治療といえども、効果は個人差があります。はげの進行度も人それぞれですし、服用する薬に対する効果も違います。それでも、一般的には、「6ヶ月」半年をひとつの目安と考えてもよいでしょう。早い人なら、3ヶ月程度から「抜毛が目に見えて減り」「なんだか髪の毛が増えてきた!」と感じます。しかし、もし、aga治療をスタートしたら、まず「半年は治療経過」を見るべきです。

→「6ヶ月」aga治療をしてみる理由

髪の毛は生え変わります。aga、男性型脱毛症では、生え変わる毛がきちんと成長しないまま、抜けていってしまい「はげ」となります。生え変わっていく過程での、毛の変化を見る必要があります。つまり、髪の毛のサイクル、その一定期間はまず治療経過を確認しながら、効果が出るのを待ってみましょう。

1ヶ月目・3ヶ月目・6ヶ月目の治療経過をチェック!

aga治療経過「1ヶ月目」

1ヶ月目というのは、最初に治療を受けて、プロペシアやミノキシジルなどの薬が処方され、ちょうど30日位たった、という時点です。だいたい、aga治療当初は、1ヶ月後に「クリニックに来て下さい」と言われるはずです。

  • 増毛より「抜毛が減ったかもしれない」という実感はある
  • 毛が増えた感じはしないので、人によっては落胆する
  • 頭頂部などは本人はわからないが少し増毛改善しているケースがある

頭頂部、後頭部などは、鏡で見てもわかりづらいものです。また、はげで悩んでいる人は「抜毛が減る」よりも、「毛が増えているかどうか」の方が気になるので、客観的に判断しづらい面もあります。だいたい1ヶ月目では「想像していたような(あるいは、夢見ていたような?)髪の毛ふさふさ」の状態にはなりません。

「では、お風呂場とかで、抜けた毛の量はどうですか?」

こう問いかけると、

「そういえば、排水口に落ちてる髪の毛、少なくなったかも?」

などと気づく男性もいるそうですよ。しかし、いずれにせよ、1ヶ月で劇的な変化を望むのはさすがに無理があります。念のため、記しておきますが、最初の1ヶ月で「逆に髪の毛が減った気がする」という人もいるぐらいです。これは、まだ抜毛の量が多くて、薬の効果が追いついていない状態だからです。ココであきらめてはダメですよ。

aga治療経過「3ヶ月目」

3ヶ月目になると、中には「髪の毛が増えている!」とまさに、涙がこぼれそーなイキオイでドクターに報告してくる男性も出てきます。とはいえ、この時期に毛が生えてこなかったとしても、ガッカリする事はありません。ただし、抜毛が相変わらず多いとか、減る気配がない場合には、医師と相談して、薬の処方や量などを変えてもらう必要はあるかもしれません。

  • 生えてくる毛が太く、濃くなった感じがする
  • 後頭部、額際のM字ハゲ、の一部分に毛が生えてきている実感
  • 細くて弱々しい抜毛がかなり減った

こうした効果を感じ始めるのが、3ヶ月目です。

aga治療経過「6ヶ月目」

治療経過後、半年もたつと、中には「触れるだけでもフサフサと、髪の毛が増えてきたのがわかる」人も増えてきます。

  • 地肌が見えていたハゲがほぼ完治している
  • しっかりとコシのある髪の毛が生えてきている
  • 前髪が普通に生えてきている
  • 美容院で「髪の毛が増えましたね」と言われる

今、はげで悩んでいる人には夢のような出来事かもしれません。しかし、実際にaga治療を適切に受けていれば、その効果は確実に出てきます。

[注意!]aga治療内容によって「効果」に差が出る

さて、一般的には半年程度で多くの人が、aga治療の効果を実感するとされています。とはいえ、中には1年近く治療しても、増毛効果を感じない人もいます。

aga治療の基本は、プロペシアなどの薬の処方です。これらは一般の皮膚科でも処方してもらえます。しかし、「はげ」の症状は千差万別です。男性型脱毛症、という症状であっても

・ストレスが強く、抜毛が多い

→生活習慣なども確認し、丁寧なフォローをしてくれる病院を選ぶべき

・薬の処方だけでは効果が薄い

→地肌に直接、効果成分のあるカクテル注射をしてくれるなど、aga専門クリニックならではの治療をしてくれる

・石けんで洗髪するようなズボラなタイプで抜毛が多い

→独自の育毛シャンプー、シャンプーの仕方なども指導してくれる

さらにもっと細かく、個人個人で「はげ」の症状や原因は違います。遺伝の問題があるかもしれないし、食生活にも理由があるかもしれません。間違った市販の育毛剤を使用していたり、本当は男性型脱毛症ではなく、内蔵の病気や別の理由でハゲになっているケースもあります。

こうした事は、やはり頭髪治療、aga治療専門のクリニックで診察を受ける方が「確実に」そして「適切な」治療法を行ってくれます。aga治療の専門病院では、

  • 薬の処方
  • 地肌マッサージ
  • 専用育毛シャンプー
  • 食生活の指導
  • 生活習慣の見直し
  • 遺伝性の確認
  • 他の病気の可能性の判断

これらを定期的に確認しながら、最大限の発毛効果が出るように治療を行ってくれます。

agaの治療経過の実績でクリニックを選ぼう

agaは皮膚科でも治療が受けられます。一般的には、皮膚科の方が薬の処方もいくらかリーズナブルなようです。しかし、皮膚科では、生活習慣や遺伝など、様々な他の「ハゲの要因」を追求し、改善するアドバイスは、なかなか受けられません。男性型脱毛症に詳しい医師は、皮膚科ではなく、aga治療専門のクリニックにいるからです。治療実績が多ければ、それだけ、様々な「はげ」の症状の対処方法もあり、豊富な経験から、より早く、高い効果を得られる治療法を選び、行ってくれます。

まとめ『aga治療の効果』は半年を目安に続けるのが大事!

1年たっても効果を感じない人が、いないとは言いません。でも、それより注目したいのが、プロペシアなどagaの薬を使用し、適切な治療を受けた場合、75%から90%の人が最終的に「増毛効果を感じている」という結果です。要するに、aga治療を受ければ、男性型脱毛症のほとんどの人が、多少の差こそあれ「効果はある」と認めているのです。そして、それが「少」であっても、抜毛が減り、一部に毛が生えてきているのがわかる、という状態です。はげで悩んでいる人なら理解できると思いますが、「毛が抜けなくなった」「毛が生えてきた!」という効果は、それが多少の差があったとしても、本人にとっては非常に大きな事です。ハゲの為に恋人を作る気になれなかった、友達と関わるのが面倒になった、外で過ごすのが気になり、ひとりで家にこもりがちになった……ハゲである為に、人生そのものに影響を受けた人は、少ないないのです。

はげ、の、悩みがどれほど本人とって深刻か、これは経験者にしかわかりません。その多くの人が、aga治療の効果を感じている、治療経過において「やってよかった、薄毛が改善した」と感じているのが重要です。悩むより、まずは行動、です。何もしなかったら、ハゲは進行するばかりかもしれません。それよりも、aga専門の治療クリニックにまずは相談してみる事から、はじめてみませんか。

AGA治療の薬「治療薬の種類や副作用」効果は?

AGA治療の薬「治療薬の種類や副作用」効果は?

ハゲ、で悩んでいる人、それはほとんどの場合、正しい治療と薬を服用する事で、治ります!

AGA(男性型脱毛症)は、一種の病気です。もちろん体に異常があるといった重症の病気ではありませんが、「症状」とつくのですから、ハゲになる理由があり、改善する正しい治療を受ければ、抜毛は減り、増毛の効果も期待できます。

aga治療薬について

基本となるのは「投薬治療」つまり薬の服用ですね。でも、「髪の毛を増やすために、薬を飲むなんて」と不安になる人も多い事でしょう。症状、に対する「療法」があるように、薬を飲んでハゲを治すのは、ある意味、当然なのです。正しく、適切な薬を服用すれば、ハゲは治ります。

最も代表的なaga治療薬

『プロペシア』

aga専門クリニックだけでなく、一般的な皮膚科で「薄毛」の相談をした場合も、まずほとんどが「プロペシア」の処方がされます。プロペシアは、抜毛を抑えるのに大きな効果があります。

→平均的なプロペシアの値段

月額6,000円~10,000円

→プロペシアとは

もともとは前立腺肥大の治療薬として、開発されました。途中で「抜毛が減る」効果が認められ、現在では改良して、男性型脱毛症の代表的な薬となっています。いわば「飲む育毛剤」ですね。

→増毛の効果は?

プロペシアの効果の特徴は、抜毛を起こす一種の男性ホルモンの発生を抑えられる事です。つまり、抜毛が減り、髪の毛のきちんと、太くしっかりと成長するよう促します。男性型脱毛症では、成長する前の段階で、生えはじめた細い髪の毛がどんどん抜けてしまい、「はげ」になるので、この抜毛対策はまず「はげを改善する」のに有効です。

→プロペシアの副作用は

・性欲減退

・倦怠感

などが比較的、副作用として挙げられています。性欲減の副作用はあるようですが、しかし、実際にはこの副作用はほとんど心配しなくて大丈夫でしょう。ドラッグストアで販売している、ごく一般的な風邪薬でも、ズラリと副作用の危険性が掲載されていますね?それと同じ事です。特に持病がある人以外は、副作用の心配はほとんどありません。奥さんがいて、妊娠したい、他にも性欲減退で不安がある場合をのぞいて、あまり気にする必要はありません。それも、程度によるので、普通のaga治療としては、まず心配ありません。一般的な「子どもが欲しい」といったレベルで言えば、性欲減退の副作用については、気にしなくて大丈夫でしょう。ただし、男性ホルモンに影響する薬ですから、女性が服用するのは適していません。当然ながら、お子さんのいる場合なども、間違って飲む事がないよう薬の管理はきちんとしましょう。

→ジェネリック

フィンぺシア、エフペシアといった、後発のジェネリックが発売されています。agaの治療は、自費診療のため、どうしてもお金がかかります。少しでも安くする為に、ジェネリック薬品のフィンペシアなどを服用するのも、ひとつの方法ですね。

発毛を促す治療薬

『ミノキシジル』

プロペシアがどちらかといえば、「抜毛を減らす」「髪の毛の成長を促す」タイプの薬とすれば、ミノキシジルは血行を良くし、発毛に必要な毛母細胞などを活発化させる効果があります。「発毛の効果」が期待できる薬です。

→ミノキシジルの平均的な値段

月額3,000円~5,000円

→ミノキシジルとは

ミノキシジルも、高血圧治療のために開発された薬で、その経過で「髪の毛がふさふさになった」結果があり、増毛効果の薬として改良されました。aga治療専門クリニックでは、プロペシアと一緒に処方される事が多いですね。aga治療の専門クリニックなら、こうした成分の入ったカクテル注射を頭皮に直接行う治療法もあります。

→増毛の効果は?

ミノキシジルは血管を広げて、血の流れを良くする事で、毛母細胞や毛乳頭を活発化させます。毛乳頭に充分な栄養が届き(血流が良くなれば、栄養がより多く届くのです)、毛母細胞が活発に細胞分裂して髪の毛となり、成長していきます。要するに、「髪の毛を作る工場」の稼働を促すという事ですね。実際に、増毛効果は世界的な医療機関でも認められています。

→ミノキシジルの副作用は?

副作用というより、高血圧の為の薬だったものですから、逆に「低血圧」の人が医師の指示を受けずに勝手に飲み続けると、血圧が低くなりすぎる危険性は否めません。きちんと医師の診断を受け、低血圧の症状も伝えた上で、正しい処方をしてもらいましょう。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症治療薬ガイドライン

ここで、公式に日本皮膚科学会が出している、aga治療薬のガイドラインを参考にしてみましょう。

効果 ガイドライン
プロペシア A 治療に行うよう強くすすめられる
ミノキシジル A 治療に行うよう強くすすめられる
塩化カルプロニウム C1 行う事を考慮してもよいが、充分な根拠がない
アデノシン C1 行う事を考慮してもよいが、充分な根拠がない
セファランチン C2 根拠がないのですすめられない

少し前のもの(2010年版)ですが、男性型脱毛症診療ガイドから、わかりやすい部分を抜粋したものです。ランク(推奨度)はAからDまであります。この中で、プロペシア(ジェネリック薬品のフィンペシアなども同じ)とミノキシジルが、特に強く推奨されていますね。他のセファラチンやアデノシンというのは、普段聞いた事がないでしょうが、育毛剤の中に含まれている事が多いようです。

日本の医学会に「公的に推奨される」「抜毛が減る・増毛効果がある」と、認証されているaga治療薬は、

  • ミノキシジル
  • プロペシア(フィンペシア)

という事になります。

AGA治療体験「agaの薬の効果」実際にどう感じているのか

aga治療に使用される薬、実際に服用している、または服用していた体験者に、「よくあるaga治療薬についての質問」に答えてもらいました。同じように「はげに悩んだ人」だからこそリアルにわかる実感をもとに、回答してくれています。

『agaの薬は、どれぐらいで効果があり、いつまで飲めばいいのですか?』

→半年~1年と答えた人が多い

・人にもよると思いますが、自分は3ヶ月目から、あれ、抜毛が減った、毛が増えてきた、という実感はありました。結果的に1年程服用しました。(男性/42歳)

・髪の毛が増えて満足したから、8ヶ月目でミノキシジルはやめました。でも毛が抜けやすい体質なので、医師にすすめられて、プロペシアはまだ続けています。(男性/29歳)

・期間は決まっていない。でも、長く飲めばそれだけ毛の量が増えるか、といったそうではなく、ある一定の量になって納得がいったら、自分でやめる時期を決めるしかない。そういう事も含めて相談できる、信頼できるAGA専門のドクターと出会えるか、が重要ですね。(男性/36歳)

『aga治療薬と育毛剤、両方使えば、増毛効果も早い?』

→併用しても問題はないが、効果は倍増しない

・自分も一時期、両方使ってました、少しでも早くハゲ治したくて!でも、まぁ市販の育毛剤も高いし、途中でやめたてプロペシアとミノキシジルだけにしたけど、特に違いはなかったです。agaの治療薬だけでも充分でしょう。(男性/50歳)

・育毛剤でも増毛に効果がある場合はありますよね。でも、あう、あわない、もあるし、実際にはきちんと専門の治療期間で薬を処方してもらう方が確実だと思います。増毛効果がありそうな育毛剤は非常に高価、それなら、同じ料金をagaのクリニックで使うほうが効果的です。(男性/33歳)

aga専門クリニックで、効果のある薬を処方してもらいましょう

aga専門クリニックで、効果のある薬を処方してもらいましょう

髪の毛を増やす為に「飲む薬」に対して、不安や違和感を感じるのは当然です。でも、男性型脱毛症、は、一種の病気です。だからこそ、医師の指導のもと、きちんとした治療を受けましょう。皮膚科でも治療はできますが、治療実績も豊富で、様々な「はげ」の症状を治療している「AGA専門クリニック」が増毛効果が期待できます。治療薬についても、ただ処方するだけでなく、生活習慣の見直しや遺伝なども調べて治療をしてくれます。

プロペシアなどは代表的なaga治療薬で、個人輸入も比較的簡単にできます。でも、専門のクリニックならば、量や使用法について、最も効果的な方法を指導してくれます。生半可な知識や、まがいものもある輸入薬よりも、aga専門のクリニックにまず相談するのがベストです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑